保険診療

「虫歯になっても、削って治療をすればよくなる」と考えている方は多いのではないでしょうか。確かに、虫歯の部分を削り取り、硬い金属の詰め物・かぶせ物をすると、何だか以前よりも丈夫になった感じがしますよね。
しかし、残念なことに、歯は治療すればするほど悪化の一途をたどります。

お口の中は皆様が想像しているよりもかなり過酷な環境に置かれています。
冷たいものが入ってきたと思ったら熱いものが入ってくる。硬いものを噛み砕くことで、歯と歯が激しくぶつかり合う・・・・。
このような過酷な環境下では、「歯」と「詰め物・かぶせ物」の間には目で確認できないほどの小さな隙間がどうしても生じてしまいます。そこから虫歯菌が侵入し、虫歯が再発することになります。

そして、一度、治療した歯を再治療する際には、
以前よりも虫歯が広がっていることになるので、
さらに大きく歯を削る必要があります。
この再治療のサイクルを繰り返すことで、
最終的には削る歯もなくなり、抜歯、
そしてインプラント・入れ歯
の流れをたどることとなってしまいます。

このようなことから、「いかに歯を削る量を少なくする」かが、患者さまのお口の健康を守る私たちの使命となります。
当院では、次のことを行う事で、歯を削る量を最小限に抑える工夫をしております。

口腔内環境がある程度整ったら虫歯治療を行います。虫歯の治療時には出来る限り痛みの出ない方法を選択します。麻酔を行う際にもジェル状の表面麻酔を行い、麻酔針は刺入時の摩擦を軽減するため極細のものを使用しています。
さらに麻酔時の不快な圧力痛を軽減する為に、針を刺す場所、麻酔液を入れる圧力や速度に最大限の配慮をしています。
また当院では、残せる歯を極力残し、削る量も最小限にして、出来る限り自分自身の歯で楽しい食生活を送っていただけるよう細心の注意を払っています。
なお、治療後に用いる詰めもの、被せものについては、患者様にご説明した後に一緒に選びます。

歯周病治療

歯周病は、実は多くの方がかかっている病気です。初期段階では自覚症状がなく、重症になってから気づかれるケースが大半です。虫歯治療を行う前に歯石を除去し、マッサージをかねたブラッシングを行い歯ぐきからの出血を減らします。

本当は恐い歯周病

小児歯科

医院によっては、嫌がる子供を拘束して治療を進めたりすることもあります。
これも1つの治療法ではあります。どうしても治療をしなければならない状態になっている場合は仕方がないのかもしれません。

しかし、当院ではそのような治療体制はとっておりません。
お子さんも1人の人格を持った人間です。
ムリムリ治療をすれば嫌に決まっていますし、
その時の思いが残り続け、歯医者嫌いになってしまっては
本末転倒です。詳しくは予防歯科を
ご覧いただきたいのですが、毎日の歯磨きだけでは、
虫歯・歯周病を予防することはできません。
毎日の歯磨きと、定期的な歯科医院でのクリーニング
を行う事ではじめて予防が確立します。

つまり、歯医者嫌いになってしまうと歯を守るための両輪の1つが抜けてしまうので、将来的に虫歯・歯周病で歯を失う可能性は大きくなってしまうのです。

お子様でも、しっかりコミュニケーションをとることで、理解を示してくれ治療に協力してくれるようになるものです。

口腔外科 (インプラント)

当院の、インプラント手術における考え方

今や、どの歯科医院でもインプラントの看板を掲げていますので、インプラント手術を受けることは簡単です。しかし、患者様が満足できる治療をしてくれる歯科医院を探すのは難しいのではないでしょうか?

「満足」と一言で言っても、「安ければよい」という人もいれば「安心・確実」な治療をして欲しいという人もいらっしゃいます。費用面に関しての情報はホームページや医院に問い合わせればわかる部分ですが、安心・確実に関しての情報は、一般の患者様には判断することはなかなか難しいかと思います。そこで、その医院が「どのような思い」で治療を行っているかを知ることがあなたに適した歯科医院を探す1つの指針になると考えます。

インプラント治療は歯のない部分に人工の歯根を埋める方法です。入れ歯のように取り外しをする必要がなく、違和感、異物感、痛みなどはありません。入れ歯を止めるような止め具はなく、支台の歯を傷つけることもありません。根っこがあるため自分の歯と同じように噛め、見た目も自然です。メインテナンスをしっかり行うことで何十年も使うことができます。

矯正歯科

この時期に歯が生え変わり始めるので、アゴが適正な大きさに発達していないと歯はきれいに並ぶことができません。

2014年2月11日(火)より矯正治療を開始致します!

今後、矯正の先生は毎月第2(火)の午後(15~20時、祝日は15~18時)に来ることになりました。

当医院に足を運んで矯正の質問をして頂いた方々、ホームページやパンフレットを見て電話で質問をして頂いた方々には大変御迷惑をお掛け致しましたことをお詫び申し上げます。

矯正治療に御興味のある方は気軽に医院受付、電話にてお申し付け下さい。
どのくらいの治療期間? どのくらいの料金?など矯正治療に関しましては分からないことが多いと思いますので、まずは矯正の先生との相談から始まります。

宜しくお願い申し上げます。

予防歯科

虫歯を削り、金属の詰め物・かぶせ物をすれば、何だか以前よりも歯が強くなった感じがしますよね。

しかし、残念ながら、歯は削れば削るほど弱くなっていきます。

言い換えると、治療をすればするほど虫歯の再発リスクは高くなります。
せっかく治療した歯なのだから長く、快適に活用したいですよね!
そのためには、定期的(3カ月~6カ月毎)に歯科医院でのメインテナンスが非常に効果的です。

なぜ予防歯科は必要か?

予防歯科の目的は「お口の健康を生涯維持し、美しい歯を育てる」ことです。
小さなお子様であれば、虫歯が1本もないお口の環境をつくることが可能ですし、成人の場合、治療した部分の再発予防、新たな虫歯、歯周病の進行、口臭、歯の汚れを防ぐことができます。残念ながら、毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、セルフケアでは、虫歯の原因となるバイオフィルムやお茶・コーヒー・タバコなどの汚れを完全には落とすことはできません。正しいセルフケアに加え、定期的なプロのケアがあなたの将来の口腔環境を守り、自然で美しい歯を育てるのです。

上の図からお分かりのように、欧米では虫歯や歯周病にならないため積極的に歯科医院を活用しています。
日本人が持つ歯科医院のイメージは、「歯が痛くなったら行くところ」ですが、欧米の予防歯科先進国では「虫歯や歯周病にならないため、健康で美しい歯のお手入れに利用するところ、」という考えです。結果、グラフにあるように70歳での平均残存歯数に大きな差が出ています。
歯は一度失うと二度と生えてくることはありません。ずっと健康な自分の歯で美味しくごはんを食べたい方は、今から予防歯科を始めましょう。

メタルフリー

日本においては、ほとんど全ての歯科治療を保険で受けることができます。
しかし、保険診療では治療に用いることができる歯科素材に制限があり、虫歯治療においてはほとんどのケースで金属が用いられます。

保険診療は患者様への費用負担が少なくてすむというメリットがありますが、金属を用いることが多いため、患者様の肉体的・精神的な負担という点において多くのデメリットが報告されているのも事実です。そのようなデメリットを避け、患者様の肉体への負担をできるだけ軽減できる治療法として、当院ではメタルフリー治療をおすすめしています。

肉体的な負担:金属アレルギー

金属を使用することの最も大きなデメリットは、金属アレルギーを引き起こす可能性があるということです。
保険で使用が認められている金銀パラジウム合金やニッケルクロム合金の方が発症のリスクは高いのですが、自由診療で用いられるコバルトクロムやチタンなどでもアレルギーが起こる可能性が全くないというわけではありません。
金属アレルギーがご心配な方は、非金属素材を用いる治療を受けられることをおすすめしております。

歯に詰めたり被せたりした金属は、時間が経つとお口の中でさび、金属イオンが溶け出します。体内に入った金属イオンに対して免疫反応が起こると、アレルギー症状が現れます。

歯科素材によるアレルギーについて

最近では金属にアレルギーでお悩みの方が増えております。歯科材料によるアレルギーなどは必ず口腔内に症状が出るわけではありません。
アレルギーが出ている場合でも気がつかな方も多数いらっしゃいます。
アレルギーの原因が金属物質であると疑われる場合は、それらを貴金属・チタン金属・セラミックなど、素材をより安全なものに置き換える必要があります。歯科材料には様々なタイプがございます。疑問に思われたらご相談することをお勧めします。
さらに、詰め物や被せ物にする場合、安全性の確認された素材を選ぶことも歯科治療の上では非常に大事な要素となります。
あわせて経過観察がとても大切です。改善後も定期的に歯科医院でのアレルギー診断を受診することをおすすめいたします。